軽井沢の魅力

別荘を色々調べてみると、日本全国に別荘地というのは結構あるようです。

東北地方の岩手県、宮城県、福島県等にいくつか別荘地が存在するようなのですが、東日本大震災の影響は大きいと思います。

特に福島県の裏磐梯五色沼周辺分譲別荘地、羽鳥湖高原は、福島第一原発事故以降は、誰も別荘の購入を考えなくなったのではないでしょうか。関東方面で別荘地が多いのは、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県等、特に神奈川県は、江ノ島や箱根山をはじめとする数多くの別荘地が存在します。

そのほかの都道府県では山梨県、長野県、静岡県、兵庫県等に多いと思います。

別荘地と言えば、箱根や伊豆、軽井沢が有名です。

箱根や伊豆は、東京23区の中でも、特に高所得者(所謂社会階層の上層の人たち)がよく住んでいる、目黒、世田谷、渋谷、横浜市などからとてもアクセスがしやすいです。

逆に軽井沢は決してアクセスがしやすいわけではないですが、もともと古くから歴史のある別荘地でもありますし、箱根や伊豆が、温泉保養などを楽しむ避寒地であるのに対して、軽井沢は自然が美しく、気候が清清しいため、夏に過ごしやすい避暑地としてよく知られています。

軽井沢の魅力ついてもっと知りたいのであれば、軽井沢が別荘地としてどのように発展してきたかを、知ると面白いかもしれません。



«

Copyright © 軽井沢物件・不動産についてのお悩み相談室 All right reserved.