軽井沢でのテニスの意味

有名な別荘地として知られる軽井沢ですが、別荘のオーナーといえば、明治以降は財界人や著名な文化人など、所謂上流階級に位置する層の人たちが主流でした。テニスを楽しむというのは、軽井沢で過ごす楽しみ方のひとつであるわけですが、テニスというスポーツは、その人にとって日頃から馴染みがあるかに関わらず、軽井沢でテニスをするというのは、シーズンになって軽井沢にやってくる人たち同士を繋ぐ、社交の場ともなっているだけでなく、別荘地に併設されているようなテニスコートに関して言えば、別荘所有者に限り使用できるという、会員制のものも多いので、軽井沢でテニスをプレイできるということは、特別な意味を持つことになります。

テニスに限らず、ゴルフ場等もやはり会員制ゴルフ場が多いようです。

こういった環境にあるため、中には見ず知らずの経済人同士が、休養中にたまたま軽井沢で出会い、新たなビジネスや商談に繋がるというケースもあるようです。





« - »

Copyright © 軽井沢物件・不動産についてのお悩み相談室 All right reserved.