エリア毎の特徴

軽井沢にはいくつかのエリアがあります。

南ケ丘南原エリア、南軽井沢エリア、中軽井沢エリア、旧軽井沢エリア、新軽井沢エリア、千ヶ滝エリア、大きくこの六つのエリアにエリア分けできます。

順番にそれぞれのエリアの特徴を挙げていきたいと思います。

南ケ丘南原エリア、晴山ゴルフ場が近くにあり、周辺は緑が多く自然に囲まれた環境です。

政治家や著名人の別荘もあります。

次に南軽井沢エリアです。

レイクニュータウンや丸紅別荘地も有名ですし、別荘地として、計画的に開発が進められてきたエリアです。

中軽井沢エリアは近くに学校もあり、別荘地として言うよりは、生活するのに便利なエリアです。

旧軽井沢エリアですが、アレキサンダー・クロフト・ショーが、かつて別荘を建てたのもこのエリアであり、歴史的にみても、ここから別荘地が軽井沢全域に広がっていったといえるかと思います。

新軽井沢エリアは観光地としての軽井沢を感じられるエリアで、商業施設が多く立ち並んでいます。

千ヶ滝エリアは静かな自然に囲まれた、文化人などに古くから親しまれるエリアです。

別荘を購入するにあたって、それぞれのエリアの特徴を良く知った上で、自分がどのような環境の別荘を求めているのか・・・、これに当てはまるエリアから物件を選び出すようにしてください。

軽井沢物件探しの初心者向けサイト



« - »

Copyright © 軽井沢物件・不動産についてのお悩み相談室 All right reserved.